役員報酬の関係

株式会社設立と役員報酬の関係について

株式会社設立には非常に多くのメリットがあります。そのため従来は個人事業主として働いていた人がそのメリットを享受するために株式会社設立をするという考え方が行われることもあるくらいです。主なメリットとしては株式会社設立することによって個人に無限責任が問われる個人事業主の携帯から、株式を保有している出資金の額を上限とした有限責任に変更することが出来るという点で非常に魅力的であるということが出来ます。
また経費の計算も個人では認められない計算方法が許されるようになり、一定以上の規模で活動を行っている自営業者の場合でも大きなメリットを享受することが出来ると言えるでしょう。その名kでも最も大きいのは役員報酬として支払われる給与に該当する金額を経費として税金から控除できるという点にあります。このことは収入の全てが課税対象になる個人事業主とは大きな違いであると言えるでしょう。

そんな株式会社設立ですが、しっかりと取り決めを行う必要があるのと共に素早く決定する必要もあります。例えば社長あるいは経営者の報酬は役員報酬として支払われることになるのですが、年度始まりの時点で明確に決めておく必要があります。具体的には決算の時期が終わり、次の年度に移ってから3カ月以内には役員報酬額を決めなければいけない仕組みになっています。株式会社設立の場合には一度決めた役員報酬額は事業が赤字でも黒字でも年度内は一定額を支払い続けなければなりません。そのため新しく事業を起こした場合にも速やかに自分の取り分を明確に決める必要があります。その額の支給に限って経費として認めることができる仕組みになっています。

この役員報酬は事業の状況に関係なく一定の金額を支払う必要があります。そのため一旦決めたら年度内は一定額を支払い続ける必要があります。業績が良くなっても随時増額することは認められませんし、逆に業績が悪くても安易に減らすことは出来ません。そのため報酬額を決める際には十分に余裕を持って支払い続けることができる金額を明確にして支払っていく必要があると言えるでしょう。株式会社設立をすることによって課税対象から外して経費にすることができるという非常にメリットが大きな仕組みがあるのは事実ですが、上手に使いこなすことが出来るだけのバランス感覚が必要であると言えるでしょう。この様な仕組みを活用数rことで個人事業主では受けることのできない数々のメリットを享受することが出来ます。