投資家集め

株式会社設立と投資家集めについて

株式会社設立は事業をより大きくしていくために多くの投資家から資金を募るための仕組みが最初から備わっている会社の形であると言えます。その仕組みの根底には株式と呼ばれる出資の方法が存在しており、投資家はその株式の単位で投資を行うことが出来ます。そして株式会社側もその株式の保有数に応じて配当を支払うことが求められており、この仕組みによって公平性と透明性が確保されていると言えるでしょう。
株式会社設立を行う場合にはこの仕組みをしっかりと理解しておき、常に公平であり透明性のある対応を行うことで広く投資家の信頼を得ることが出来ます。そしてこの様な手続きを取ることが出来るということが株式会社設立のためには重要な要素であると言えるでしょう。

しかし株式会社設立をしてもすぐに活発に株式を活用した資金集めが出来るわけではありません。最初の段階で必要となる資金を株式の発行により集めることになるとしても、安易に株式を発行して資金を増やすということは出来ません。この様な方法は増資と言い、株主にとっては利益分配の希薄化につながるためにあまり歓迎されない方法であると言えるのです。そのため上場企業がこの様な増資をする場合には一般的には株価の下落を招くことになります。非上場企業の場合には信用の低下につながる可能性があります。そのため株式会社設立後の資金集めにはかなり苦労することになるため、最初の段階でしっかりと計画を組んでおく必要があると言えるでしょう。

そのため株式会社であっても事業継続の為の資金は銀行などの金融機関に融資を頼むことで確保するケースが多くなっています。その際には企業としての実績が十分でない場合には非常に苦労をすることになるでしょう。金融機関が融資をするのはそれなりの安全確認をしてからであるのが一般的であり、単なる資金不足では対応に苦慮することになるでしょう。その様な場合には投資家に投資を募るのと同じような方法で金融機関を説得しなければなりません。事業の将来性と魅力を特には何よりも事業計画であり、それを説明することで事業への投資価値を納得してもらうことが非常に重要であると言えるでしょう。
株式会社設立後にはこの様な資金確保に関連した苦労が付きまとうことが多くなりますが、ある程度の実績を積んだ後は株式市場への上場が一気に飛躍するチャンスであると言えます。上場する際に十分な業績を積んでいれば一気に大きな投資資金を集めることができ、飛躍的な成長を遂げることが出来るでしょう。