法人について

株式会社設立と法人について

株式会社設立都は会社を作るということという意味で理解することが出来ます。しかしそれは土地を借りたり建物を建てて物理的に会社が出来るということを意味する言葉ではなく、法人登記と言う手続きを行い、法務局で管理されている登記簿にその株式会社が登記されるという手続きを経て法人として登記されることによって株式会社設立が成ったということが出来ます。
この様な株式会社設立の手続きは書類上の手続きであり、必要な作業を行うことにより個人が行っている事業ではなく、法律によって人格が与えられた法人を生みだすために行われます。この様な手続きを行うことは事業を行おうとする人にとっては非常に大きなメリットを提供することになるため、非常に多くの人が株式会社設立の手続きを行っているという状況があります。

事業を行うだけであればわざわざ株式会社設立の様に手間もお金もかかる方法を選択する必要はありません。実際にその様な手続きをせず、個人事業主として事業を行っている人も存在しています。この個人事業主は雇用関係の形で働いているのではなく、会社が仕事を請け負っているかのような契約で仕事を行っている場合に該当する表現であり、作業単価での報酬が支払われているケースが多くなっています。規模の小さい事業であればよいのですが、そうでない場合には労働者の権利を守る法律の適用もされない非常に立場の弱い存在となってしまうため、あまり推奨される働き方であるとは言えません。

この様な事情がある為、近年では個人事業主が様々な法的なメリットを得るために企業としての登記を行うケースが生まれてきています。株式会社設立がその様な目的で行われることもあるのです。よく話題にされているメリットとしては責任の範囲が挙げられます。個人事業主は個人がどこまでも責任を負う無限責任となっていますが、株式会社の場合には出資金を上限とする有限責任と定められています。そのためリスク低減のために機能します。
もう一つのメリットとしては、自分のための生活のための取り分については経費として差し引くことが出来るという点にあります。個人事業主の場合には全収入が課税対象となってしまうため、この差は非常に大きなものであると言えるでしょう。この様な状況にあるため、例え一人で働く道を選ぶとしても株式会社設立を目指して法的なメリットを得ようと考える人が少なくありません。現実的に大きなメリットがあるため、推奨される選択肢であると言えます。