税理士に相談

株式会社設立時には税理士に相談

株式会社設立をするときには、どこかに細かいことを相談したいと考える人は多いと思います。
では、どこが最も良いのでしょうか。
コンサルタントなどいろいろなものが想定されますが、やはり税理士に相談をするのは良い方法だと考えられます。
もちろんですが、これはそれぞれの状況によって異なっていて、ほかのところのほうが良い場合もあります。
しかし、株式会社設立を行う理由の多くが税金対策であるということを考えれば、税金に関する専門家である税理士に相談するのは適したことだと考えられます。

株式会社設立をすれば、その後は税務処理を行っていかなければなりません。
多くの人はこの処理を税理士に委託しています。
税務の処理の仕方によって、納めるべき税金の金額が変わってきますから、それによって税引き後の利益が変わってくるわけです。
金額ベースで考えてみてもかなりの金額になることもありますから、これを考えればやはり専門家である税理士は適しています。
株式会社設立後に税理士に委託する人もいますが、設立前にいろいろな処理を委託しておいたほうが良いと考えられます。
その理由は、設立にはお金がかかるからです。
お金がかかれば、それに対して経理処理を行わなければなりませんが、この処理によって税金対策のできるケースが多くあります。
たとえば、株式会社設立を行うためには法定費用のほか、交通費や事務費などがかかるのが普通です。
これらは創業日という勘定科目で損金に参入できるというメリットがあります。
また、登記申請が終わってからは、実際に営業を始めるためにさまざまな手続きを行っていかなければなりませんが、このときにもいろいろな費用がかかります。
これらは開業日という勘定科目で損金に参入できます。

このように、いろいろな費用を損金に参入できますから、それが税金対策になるということは頭に入れておくべきでしょう。
ですから、この時点でアドバイスをもらっておくのは良いことだと考えられます。
株式会社設立を野手続きが完了すれば、どうせ税理士に依頼することになるのなら、その前から相談に乗ってもらっておくほうが、その後の手続きに関しても有利になるケースもありますし、長期的な目で税務を担ってくれるでしょう。
税理士の中には株式会社設立を多く手がけている人もいますから、相談するのであれば、このような税理士を探すといろいろなアドバイスをもらうことができ、有利になると考えられます。